【試行錯誤を通して味わう「ものづくり」の楽しさ(2年生)】

2年生では、生活科の「うごく うごく わたしのおもちゃ」という学習で、身近にある材料を使って、動くおもちゃを作りました。牛乳パック、ラップの芯、紙コップ、飲み物が入っていた空き容器等、材料は様々です。輪ゴムや乾電池等を使って、動きを作ります。

どうしたら高く飛ぶのか、長く動き続けるのか、遠くまで飛ぶのか。仲間と試行錯誤しながら、よりよい動きを追究しています。その動きから何かに見立てて飾りつけや色塗りをしている子もいます。

思いのほか高く飛んで、仲間と驚いたり喜んだり…。試行錯誤を繰り返し改良することを通して「ものづくり」の楽しさを味わっていました。こうした経験から「ものづくり」を趣味や仕事にする児童が出てくるのでしょうね。

1 2 3 4 5 73