【「お体に気を付けて…」一人暮らしの高齢者宅訪問】

9月24・25日に,6年生が「ふなき(総合的な学習の時間)」の学習の一環で,地域ごとにグループに分かれて,一人暮らしの高齢者のお宅を訪問しました。昨年度は,地域の高齢者を学校に招いてレクレーション等を行う「中小サロン」を行っていましたが,今年度はコロナ禍の中でできることを考え,メッセージカードとサボテンを贈りました。

サボテンは,昨年度総合的な学習で作ったお米を販売して得た「お米基金」で,校区内にある「岐孝園」さんで購入しました。子どもたちが,お金の使い道を考え,高齢者の方にプレゼントすることを決めました。

自治会長の方,民生委員の方と共に一軒一軒まわり,高齢者の方に「お体に気を付けてくださいね。」等と声をかけながら,プレゼントしました。受け取られた方からは「元気をもらえた」「私達もみんなに負けずに挨拶するね」などの言葉をいただきました。涙を見せる方や,ベッドから体を起こして受け取ってくださった方もみえました。子どもたちは,地域の高齢者の方と触れ合う機会を得て,充実感を漂わせていました。

こうした活動は,子どもたちや学校の思いだけでは実現しません。自治会長の方,民生委員の方,社会福祉協議会の方のご協力のおかげで実現しました。本当にありがとうございました。

地域との強い絆を改めて感じました。地域(ふるさと)の支えで,今を過ごしている子どもたち。ふるさとに愛着をもち,ふるさとのために貢献できる一員になれそうです。

1 2 3 4 5 54