「食べることは生きること」栄養士さんから学びました!

 

去る1月30日に、瑞穂市給食センターから加納和嘉子栄養士さんに来ていただき、生徒会給食委員の3年生の子たちと一緒に給食を食べながら、給食の献立や地産地消等について教えていただきました!様々な質問をする生徒たちに対して、丁寧に教えていただき、とても貴重な時間となりました。加納栄養士さん、ありがとうございました。また、本校は、給食の残量が年々減少しており、市内の中学校平均より少なくなっています。ご家庭やPTAによる食育の取組の成果もあり、「よく食べ、よく学び、よく遊ぶ」穂中生のようです。食べることは生きることです。これからもしっかり食べて、健康で前向きな生活を大切にしましょう!