令和2年度 第1回学校評価(8月実施)報告

R2_学校評価のサムネイル

 

学校評価については、「7月に第1回アンケートを実施し、2学期以降の教育改善に生かす。12月にもう一度アンケートを実施して成果と課題を確かめる」というシステムで、経年比較ができるよう、毎年、同じ質問で実施しています。

ただし、今年度については新型コロナウイルス感染症の影響で、4~5月は臨時休業であったことから、第1回アンケートを8月に実施しました。また、感染症対策として授業参観を中止としているため、保護者の皆様が実際に授業の様子等を見ることができない状況であることから、一部の質問については回答を求めず、未回答とさせていただきました。

生徒・保護者とも、ほとんどの項目で、目標としている「概ねよい」の3以上の評価をいただきました。生徒たちの評価は、どの項目においても、昨年度12月末段階と比べてポイントがアップしています。コロナ禍のなか、制約の多い学校生活ではありますが、生徒たちは前向きに学校生活を送っています。約3ヶ月にわたる休業期間を経て、再び仲間と共に学校生活を送れることへの喜びから、多くの生徒が現在の学校生活を肯定的にとらえてくれているのだと感じます。

まだまだ新型コロナウイルス感染症に対する警戒を緩めることはできませんが、「子どもたちの健やかな学びを保障する」ことを基本とし、感染症に可能な限り配慮しながら、教育活動を継続していきたいと考えています。