給食の様子を紹介します

 

本来であれば、机を寄せ合い、他愛のない会話に笑いあいながら食べる給食ですが、今は3密の回避を最優先にしています。食パンは、感染予防と配膳の効率化のために、給食センターの方々が一人分ずつを袋に小分けしてくださっています。給食センターの皆さん、ありがとうございます。

このような状況での給食時間が、少しでも楽しく、そして美味しくなるように、ある学級では下の写真のように食材の並べ方に気を配っていました。始業式、入学式での校長の話にもあったように、「共に生きる」ことを意識した行動だと思います。制限のある生活が続きますが、「○○ができない」ばかりを考えるのではなく、「○○ならできそうだ」と前を向いて、仲間と共に力を合わせて生活していきたいと思います。

1 2 3 4 5 6 7 31