穂中生は新たな一歩を踏み出しました

   2020/08/21

12日間という夏休みを終え、本日学校が再開しました。登校時から30度近くの気温となり、汗を流しながら登校してくる生徒の姿が多く見られました。そんな中、夏休み前と同様に登校後からMSJ(※1)の挨拶運動やボランティアによる清掃活動が自然と始まりました。6月からの生活の中で培った「共に生きる心」が、今日の姿へとつながっているのだと考えます。

また、PTA本部役員の方々も挨拶運動に参加してくださいました。大変暑い中でしたが、本当にありがとうございました。

本日の昼の放送では、生徒指導主事より熱中症予防について放送を流しました。新型コロナウイルス感染症や熱中症など、様々な危険が迫っている今だからこそ「命を守ること」を最優先に考え、状況や場面に応じて正しい判断と行動ができる生徒になってほしいと考えています。

 

※1「MSJ(マナーズ・スピリット・ジュニア)」とは、「少年の規範意識を高めることを目的とし、中学生が自主的に非行防止やボランティア活動を展開するために、警察等の支援を受けて活動している組織」であり、本校では100名程度の生徒が希望して活動しています。